巷ではマスクの入荷が殆どなくて、手作りのマスクについての情報をテレビやツイッターなどのSNSで見かけます。


手作りマスクの材料のダブルガーゼやゴム自体も欠品が続いているとか。


「マーノクレアール」では、マスク用ゴムの代用品として、柔らかくて伸縮性のある編み糸が提案されていたのでご紹介します!!!

『ヌーボラ』という商品(メーカー:パピー)で、素材はポリエステルなのですが、ふわっとした感じがまるでマスクのゴム!

『ヌーボラ』Nuvolaとは、イタリア語で雲を意味するそうで、夏の空に浮かぶ雲のように軽くふんわりしていることから名づけられたそうです。

店頭には3mにカットしたものがご用意されていましたが、毛糸コーナーにはカラフルな色の1玉売りもありました!

マーノクレアールではお買い上げ金額500円ごとに1枚レシピを頂けるそうですので、先のマスクのレシピ番号をスタッフの方にお伝えくださいね。

またマーノクレアールグループ総合アカウント『新宿オカダヤ』ホームページでは、マスクの作り方の動画がアップされていました!

そして、とれおんパークブログを書くにあたり色々調べていたところ、『新宿オカダヤ』ツイッターに

マスクゴムの代わりに!と、『ナイロントリコット生地』が紹介されていました!

伸縮性があり、肌さわりも良い生地、切りっぱなしでもほつれないので、マスクゴムの代用品としてぴったり!とのこと。
ブログにて詳しく使用方法が公開されていましたよ☆

トレッサ横浜店ではお取り寄せできるそうなのでお声かけください!

でも、手作り苦手…時間もないし…という方にオススメ!
ハンカチと髪ゴムを折るだけでできるマスクの作り方をご紹介します。

こちらもSNSでとても話題になっておりましたので、ご存知の方もいらっしゃるかも。


(川辺株式会社様@intermode_kawabeより)

私も試しに作ってみたのですが、全く違和感なく、“防災訓練等でハンカチで口を押えている感じ”で、超安心感あり◎

お子さんが使う場合、折っただけのハンカチとゴム、なので、バラバラにばらけてしまうかも?!念のため何か所か縫い留めると安心かもしれません。
(大人が使うならば、布の摩擦で意外と安定してました☆)

布の部分は、ハンカチではなく、好きな生地の端切れや、100円ショップで売っている手ぬぐいなどでも代用できそうですし

ゴムは、上述の2点の他にも、ストッキングやTシャツなどの伸縮性のあるもの、ニットヤーンとして売られているものでも良いのでは?!

ストッキングを輪切りにすると結ぶ必要が無いので便利!(縦に切った方が伸縮性はあります)
幅は1~3cm程度に切り、びょーんと伸ばすと切った端が丸まるのでマスク用のゴムみたいになりますよ!
太くするとしっかりするのでお子さんには1cm程度が良さそうです。
ガーゼのハンカチや、大判の大人用ハンカチで作ってみました◎

SNSで眺めていると、毛糸で編んで、中にガーゼなどを挟んで使うニットマスク、なども色々ありそうです。

『なければ作る』精神ステキ!!!

色々と不便な日々で、不安もあるかと思いますが、楽しみを見つけながらなんとか乗り切りたいものです。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

ちなみに。
何度もご案内しているのでご存知かと思いますが、マーノクレアールでは手作り応援フェアとして、さまざまなサポートがありますよ!

そもそも、布はどれくらい必要なのか?必要な部品などは??

布の裁断例!わかりやすいです◎

昨年のA幼稚園のプリントを元に作られたサンプルだそうです!

レジ横にはキッズスペースもあります。
スタッフさんに質問している間など、お子様も飽きずに待っていてくれそうですよ☆

とれおんパークブログ隊 びーのびーの