お友達の話を聞いてずっと気になっていた『パーソナルカラー診断
ユニクロでも開催しているそうです!!!!!
ポスター発見☆

普通に頼むと数千円〜1万円はするところ、超良心的な破格のお値段。
30分500円で、さらにスタイリングをお願いすると+500円。
水曜日限定で開催しているそうで、この日は金曜日だったので、カラー診断士さんにお名刺を頂戴して雑談するのみでしたが、早速次の水曜に来てみよう!ということに!!

インスタグラムもされているそうで、早速フォローさせて頂きました?

そして、次の週、『パーソナルカラー診断』に行ってきました♪
前の週の金曜に知って、すぐ次の水曜に行くって、どんだけ〜kyu
ホントはその週末に簡易的なものですがパーソナルカラー診断のイベントが、リヨン広場で開催されていたそうなのですが、
ちょっと調整付かず行くことが出来ませんでした。

毎年開催されていて今回5回目なんだそう。行かれた方いらっしゃるでしょうか?
知らなかったけれど、
毎年10月16日は「人と色の日 自分色記念日」として登録していて、毎年関連イベントを開催しているんだとか。
詳しくは、日本カラリスト協会さんのこちらのホームページを。

さて、本題ですキラキラ
開店とほぼ同時にトレッサ横浜に着いて、他の用事をさっと済ませてから、少し早めにユニクロへ行き、先日お名刺を頂戴した色彩診断士さんをご指名矢印

入口のところに、診断ブースが出来ていましたよき

お友達と私、2人とも診断希望なので、まずは未経験の私から診断して頂きました音符
(お友達は別のところで診断してもらっていたことがあり)
まずは、白いケープを羽織って、肌の色や髪の色、目の虹彩の色、頬の色、唇の色などから、基本となる自身の『ベースカラー』を判定します。

7色のベースカラーを一枚一枚、顔の下に当てて、顔の色移りなどを判断して頂きます。
青みがかった『ブルーベース』の色の束と、黄みがかった『イエローベース』の束があって、まずはどちらかに分類。
面白いことに、同じ赤でも、ワインの赤色はブルー系で、鳥居の朱赤色はイエロー系と分類できるそうで、言われてみれば納得!
黄色は分かりにくいのですが、レモンの黄色はブルー系で、バナナはイエロー系。

この違い、わかるかなぁDocomo108

しかもそれぞれ違うベースカラーの布を顔に当ててみると、元気そうに見えたり、似合う似合わないがあるのです。
私の場合は、ブルーベースとのこと。なるほどDocomo109
人間の肌には、イエローアンダートーンというイエローベースの肌と、ブルーアンダートーンというブルーベースの肌の人と大きく二つに分けることができるそうです。

似合う色のグループを、その色グループの持つイメージで春・夏・秋・冬の4つに分類し、そこから、シーズンカラーを導いていくそうです。
ブルー系(ブルーアンダートーン)は、サマー(夏)かウィンター(冬)、イエロー系(イエローアンダートーン)は、スプリング(春)かオータム(秋)と分けられます。

イメージ写真が貼ってありました。
何となくわかりますよね!

サマー(夏)

ウィンター(冬)

スプリング(春)

オータム(秋)

私の場合は、ブルーベースだったので、サマー系かウィンター系か。
どっちかなーと、一枚一枚顔元に当てていき、サマータイプと診断!!!
なるほどDocomo109Docomo109(再)
 

こんなシーズンカードと、説明書を頂き、診断は終了。

これは、年を重ねても変わらないものだそうで、この『自分に似合う色=パーソナルカラー』を知ることで、お化粧や髪の毛染め、洋服やアクセサリーのコーディネートなどにも応用できる、というのが良く分かりましたDocomo109
芸能人や政治家の方でも、このような手法を取り入れている場合がありますよね。

お次は、お友達の番。
お友達は1年前くらいに、別のところでもう少しお高めのカラー診断(と骨格診断)というものをしていたことがありました。

ただ、そうは言っても実際には迷ったりしてしまうそうで、
スタイリングのアドバイスをして頂けたら良いなぁとのご希望でした。

面白いことに、彼女の場合は、イエローベースのオータムタイプの色が本当に良く似合う!

色相(色み)、明度(明るさ)、彩度(鮮やかさ)が違うだけで、こうも似合う似合わないがあるとは。
私とは反対のタイプということが分かり、それぞれに似合う『自分色』がわかりました!結果が出たことで、シーズンカードを処方(笑)して頂き、詳しく自分に似合う色を把握。
それぞれこのカードを持って、似合うアイテム探しのパトロールへgo=3

その2につづきますピース

ねこ???とれおんパーク・ブログ隊 びーのびーの あっきー】